完成した小論文は他人に添削してもらおう~小論文を上達させる方法~

独学と塾の比較

独学は自分で自由に時間を使うことができる

独学で勉強する方法は時間の使い方に自由があります。塾に行くための往復時間も必要がないので、勉強したいときに自由に勉強できるのがメリットです。

塾に行くとプロの視点から指導を受けることができる

塾に行くと自分で勉強しているだけではわからないことをプロの講師から教われます。通わなければならないことから勉強する習慣を付けるにも役立つ方法です。

高得点を出す小論文の勉強方法ランキング【ランキング形式】

no.1

塾に通って添削を受ける

小論文の実力を付ける方法としてトップになったのは塾に通って講師に添削を受ける方法です。塾に通って勉強している人が多いからこそトップに位置している方法になっています。

no.2

ウェブ添削サービスを活用する

第二位になったのがウェブ添削サービスを利用して小論文を添削してもらう方法です。独学でも塾でも関係なく受けたいときに自由に受けられてフィードバックが得られるのが魅力になっています。

no.3

通信教育で添削を受ける

通信教育で小論文を添削してもらうのが第三位になりました。小論文だけのコースもあれば、他の教科と総合で受けられるコースもあってどちらも小論文対策として実力が付く方法です。

no.4

学校の先生に添削してもらう

第四位になったのは学校の先生に添削してもらう方法です。お金をかけずにできるという魅力があり、親身になって教えてくれる先生がいるときには飛躍的に実力が身につきます。

no.5

自分自身で添削を行う

自分自身で小論文を書いて自分で添削をするというのが第五位になりました。ある程度の実力がある人の場合には時間を開けて読み返してみると添削できる場合もあるのです。

小論文の添削作業はプロの指導者に依頼がオススメ!

原稿用紙

小論文を書く前にやるべき重要なこと

小論文はすぐに書き始めてしまうと失敗しやすいのが特徴です。まずは自分の主義主張を明確にして、文章構成を考えてから書き始める必要があります。起承転結をどのようにするかを決めておくのはスムーズに書くことができるようになるために重要な方法です。

文のバランスを意識すべし

小論文は制限文字数があるのでうまく文字数を制御しなければなりません。起承転結を考えたときにはどのようなバランスで書くかを意識しておく必要があります。最初の方が長くなってしまって結論が書けなくなっては書き直しになって時間が不足してしまいます。

普段から意識しておくと小論文作成で役立つこと

小論文はテーマを与えられて自分の考え方を明確に論理立てて説明するものです。与えられたテーマを見てすぐに自分の言いたいことが決まると速やかに書き始められるようになります。そのためには世の中で起こっているテーマになりやすい内容を普段から意識するのが肝心です。