テーマを活かした小論文の書き方はプロに習うのが一番!

教材

苦手な小論文を克服するためにできること

日本工学院八王子専門学校の入試には推薦入試と一般入試に高校を既に卒業した人は、400字程度の小論文があります。
小論文には書き方があり、テーマに沿って自分の考えを展開し結論を導き出しますが、普段それほど書いたり読んだりする機会がないので、いざ書いてみようと思っても難しくなります。また時間制限があるので、十分に小論文を書く練習を積んでおかないと、実際の入試では書ききれないままに終わってしまいます。
普段から小論文を読む練習として新聞の社説や論説文、小論文を読んで論理を立てる文に慣れておきましょう。そして実際に自分で小論文を書く練習が大切です。また受験する学校の過去問題を調べてどんなテーマが出題されるかを知り、その事に関する事だけでなく色々な知識を深めておきます。

添削指導を受けるメリット

小論文を書く練習をしても、学科試験と異なりはっきりとした答えがあるわけではないので、自分で書き上げた小論文を前にしてこれで良いのか迷ってしまうことがあります。
学科で添削指導を利用している人が多いですが小論文の分野にもあり、小論文に自身のない人は添削も一考です。
添削指導者に自分の小論文を読んでもらい、テーマに対する論点や結論に持っていく導き方の問題点を指摘してもらう事で、自分の主張をどうやって組み立てていけば良いのか分かってきます。
またどうやったら良い文章が書けるのかというポイントや、小論文の書き方も具体的に教えてもらえるので、自分で模索しながら勉強をするのと違い、安心して小論文の勉強をする事ができます。

[PR]日本工学院八王子専門学校の特徴を徹底調査☆
役立つ情報が満載☆

[PR]ゲームクリエイターになるには資格が必要?
基礎知識を徹底解説☆

[PR]小論文のテーマを大公開♪
受験対策に役立てよう☆

[PR]小論文の添削サービスを提供中
受験対策にピッタリ☆

独学よりも一気に成長したいならプロに習おう

原稿用紙

小論文の添削作業はプロの指導者に依頼がオススメ!

小論文の勉強は独学でもできますが、他の人に添削してもらうことで実力が効率的に身についていきます。塾や添削サービスなどを活用していくのが良い方法です。また、小論文対策には書き方を学ぶのも大切であり、論理立てて説明する文章構成を知っておく必要があります。そして、普段から社会問題に目を向けていると本番で速やかに書くことが可能です。

READ MORE
勉強

小論文は自分が書ける範囲のテーマを選ぶのがポイント

小論文のテーマは、自分で材料が思い浮かび、結論まで書けるものを選ぶことが大事です。
書き出す前に全体の流れを作って短文で表わします。その短文を詳しく説明するつもりで文を加えていけば、まとまった小論文が書けます。
塾の選び方は、塾の特性を見て、自分の学力にあったものを選ぶことが大切です。塾の授業内容を身につけるために、予習と復習を欠かさないようにしましょう。

READ MORE
先生と生徒

音楽に特化した学校!日本工学院八王子専門学校の魅力

日本工学院八王子専門学校は、未来を生き抜く人間を育成するためとして、さまざまな学部学科を用意しています。音楽関係やロボット、医療にスポーツ関連など実に多岐に渡っています。
入試についても、一般入試の他にもAO入試を実施するなど、多彩な人材を集めることに取り組みます。一定の資格を満たすことで、年齢を問うことなく、入学が認められるなど柔軟性を持った取り組みが注目を集めます。

READ MORE